« マツタケ食べに行っただけなのかヤマタクは! | トップページ | かわいそうな母ちゃん~水中毒~ »

2007年1月15日 (月)

ゼロトレランス

昨日は1時間ほどしか眠れませんでした。寝たと言っても寝てるのか、寝てないのか分からない状況。なんか頭の中で考え事してるような、夢を見てるような。

昨日の朝は7時に起きたから早めに眠れると思ったのに、今朝はフラフラでした。仕事中眠くなるだろうな~と思ってたんですが、忙しいせいもあって、昼休みになっても眠くありませんでした。軽くハイになってましたw

ところがどっこい!
2時くらいから強烈な睡魔が襲ってきた。車運転してたら事故ってるね!頭振ったり、身体動かしてみたりして、立ち寝をすることはありませんでしたけど、睡魔が30分置きくらいにやってきました。

帰りにスーパー寄ったんですが、家電商品やら鍋とか眺めてると、ここでも睡魔がやってきた。寝具売り場で寝るのもアリかな?と思ったけど、急いで買い物済ませました。

さて本題。

規律を厳しく守らせる「ゼロトレランス」(寛容度ゼロ指導)という米国の生徒指導法が全国の高校に広がり始めている。違反が一定回数に達すると出席停止などの罰を定め、必ず守らせる「ぶれない指導」が特徴だ。厳しい指導が日本の教育風土にどこまでなじむのか。現場を訪ねた。

静岡県立御殿場高校(生徒数約620人)では毎朝、教師が校門に立って、生徒の服装を点検している。違反を見つけると、チケットを渡して注意する。この枚数に応じて、段階的な指導をする。8枚たまると、3日間の謹慎だ。

化粧を見つかり、チケットを渡された1年生の女子は「むかつく。すっぴんなんて小学生までだよ」と怒った。一方、「縛られてる感じはするけど、確かに雰囲気が落ち着いてきた」と話す2年生の女子もいた。

05年9月に始めるまで、学校には、生徒の服装やマナーについての悪評が地域住民からも頻繁に寄せられていた。パソコンを使った情報教育に力を入れる同校の生徒の多くは、卒業と同時に地元で就職する。地域の評判は重視せざるを得なかった。

チケット制を始めた当初、「うちの子だけなぜ」「どうしてこの学校だけこんなに厳しくするんだ」といった苦情が保護者から相次いだ。教師からも「言い返されたときに厳しくしきれるかどうか……」という不安があがった。
そこで、保護者とは徹底的に話し合うこと、2人1組で指導することを申し合わせた。

チケット制の対象は服装や化粧など外見だけだ。ところが、指導を繰り返すうちに、遅刻や欠席も減ってきた。前年度比で、欠席者数が延べ約200人減った月もあった。植松悟校長は「教師がはっきり指導でき、自信を持てるようになった。学校がまったく違う雰囲気になった」という。

岡山市の私立岡山学芸館高校は01年から始めた。自転車の二人乗りはレベル2、喫煙はレベル3、教師への暴言はレベル5などと規律違反を5段階に分けた。レベル5は一度でもやれば、無期謹慎か退学処分となる。

謹慎者は特別教室で自習する。カウンセリングで反省を促し、教室に戻れるよう指導する。全校約1100人のうち、導入前の98年度に年間90人いた退学者は、05年度は9人と10分の1に減った。同校の取り組みは全国からも注目を集め、昨年12月だけで11校が視察に来た。

子どもによる凶悪事件の多発を受け、文部科学省は05年からゼロトレランス方式を調査し、昨年5月に報告書をまとめた。場合によっては出席停止も認める内容だ。森嶋昭伸・生徒指導調査官は「社会の厳罰化が進んでいるのだから、学校でもそれを実感させなければならない」と話す。

しかし、厳しい指導は万能ではない。鹿児島県霧島市の県立牧園高校は、3年間続けたゼロトレランス方式を昨年3月でやめた。

交通違反の点数のように、問題行動を重ねると罰則が重くなり、10点分繰り返すと退学にする仕組みだ。暴力や教室を出て歩き回る生徒はいなくなった。一方、点数がたまれば、最後の違反が比較的軽い遅刻でも退学となることには教師の間で賛否が分かれた。だが、「決めたルールは守る」と退学処分にした生徒が何人か出た。

「もう少しチャンスを与えても良かったのでは」と、揺れる気持ちが教師たちに生まれた。庵之下武志・生徒指導主任(34)は「我々は警察ではない。子どもを育てる現場で、機械的な対応で良いのか」と振り返る。

新たに指導内容を細かく定めた。謹慎中は、登校して読書をさせたり、毎日書かせた反省日誌を保護者と見ながら話し合ったり。どうすれば立ち直れるかを重視するようになった。

〈ゼロトレランス〉 米国で90年代後半に広がった生徒指導の方法。直訳すると「寛容度ゼロ」だが、「毅然(きぜん)とした対応」などとも訳される。学校での銃乱射事件などを背景に、クリントン大統領が97年に導入を呼びかけて、法制化する州が相次いだ。重大な違反者には、放校処分やオルタナティブスクール(他の特別な教育施設)への転校も定めている。
(2ちゃんコピペ)

 

今の子供たちから見ると厳しいと思うんだろね。でも、これが普通です。細かい所では、喫煙でレベル3なのに教師への暴言がレベル5とか、突っこみたくなるような部分もあるけど、規則を破ると罰を受けるのは基本的なこと。

ボクらの世代だって問題はあった。当時は体罰も当たり前だったし、悪いことしたから殴られても仕方ないって、殆どの人が思ってたし。
その中で悪さをするから面白かった。

こういう問題って全て解決したり、皆が満足できる制度とかってのは無理だと思う。BESTではなくBETTERな方法を各学校で決めていけばいいんじゃないですかね。

バカな子供を躾け直すのはいいことだけど、子供だけ修正してもバカな大人で世の中溢れてるのが大問題。バカ子供の親は確実にバカな訳で、ボクも親の世代に入るしボク自身も物凄いバカなんだけど、そんなボクでも驚くような事を同世代の親がやってる。

成人式で暴れる二十歳じゃあるまいし、授業参観で喧嘩始める親もいたり、私語慎まないのも当たり前になってるし、狂いすぎですよね。

若者だけが悪いんじゃなく、この国全体の問題。日本を引っ張っていくはずの大企業の連中なんかのエリートでさえ、バカな事しか言わないしw

と、言いたいことはまだあるけれど、今日は疲れてるので終わります^^;

|

« マツタケ食べに行っただけなのかヤマタクは! | トップページ | かわいそうな母ちゃん~水中毒~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8080/4940142

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロトレランス:

« マツタケ食べに行っただけなのかヤマタクは! | トップページ | かわいそうな母ちゃん~水中毒~ »