« 年寄り達が日本に謝罪と賠償求め集団提訴 | トップページ | ムチムチ逆ナン王女(VP2) »

2006年10月20日 (金)

佐賀ブーム到来か!(ネット限定で)

佐賀県はネット監視会社と契約して、県のマイナスイメージに繋がる書き込みなどを報告させてるそうです。
プラスイメージになるようなコメントの場合は、感謝メールとか送ってるんですって。

よし!ボクも佐賀県を応援して感謝してもらうぞ!

 

 佐賀署は18日、卒業生の父親らを殴るなどしたとして、佐賀市大財5、佐賀大文化教育学部
助教授、森善宣容疑者(48)を傷害容疑で逮捕した。

調べでは、森容疑者は今年3月31日午前0時半ごろ、同市巨勢町の不動産業の男性(60)
宅で、男性の顔をこぶしで殴り、腹をけるなど暴行、止めに入った男性の長女(28)にも暴行を
加え、いずれも約10日間のけがを負わせた疑い。

森容疑者は、今春卒業した男性の二女(26)と2人で同30日夜、市内で飲食後、二女を自宅
に送り届けた際、男性に「なぜ遅くまで連れ回すのか」などと言われ、口論となったらしい。
森容疑者は「暴力は振るっていない。正当防衛だ」と容疑を否認しているという。

佐賀大によると、森容疑者と二女は、事件一週間前の卒業祝賀会で知り合ったという。長谷川照
学長は「極めて遺憾。再発防止に全力で取り組みたい」とのコメントを出した。
(2ちゃんコピペ)

 

どうよ佐賀県の偉い人?

話題変更。
俳優の藤岡琢也さん死去><
数年前まで「渡る世間は鬼ばかり」見てました。五月の母親役の山岡さんでしたっけ?が死んでから見なくなりましたけど。
最近ではツーカーのCMで見たけど、ゲッソリ頬がこけて見るのも辛いほどでしたね~

俳優が死ぬといつも思うのですが、森繁さんが気の毒でなりません。自分より若い俳優の葬儀で、森繁さんは一体何リットルの涙を流したのでしょうか?(T_T)

ご冥福を祈ります(-人-)

|

« 年寄り達が日本に謝罪と賠償求め集団提訴 | トップページ | ムチムチ逆ナン王女(VP2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8080/3896732

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀ブーム到来か!(ネット限定で):

» 藤岡琢也さん死去 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の父親役などで知られ、テレビ、舞台の名脇役として活躍した俳優の藤岡琢也(ふじおか・たくや)さんが20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去した。 76歳。 兵庫県出身。 広島の陸軍幼年学校在学中に敗戦を迎え、その後入学した関西学院大を中退。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 22時16分

» 藤岡琢也さん死去 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の父親役などで知られ、テレビ、舞台の名脇役として活躍した俳優の藤岡琢也(ふじおか・たくや)さんが20日午後3時18分、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去した。 76歳。 兵庫県出身。 広島の陸軍幼年学校在学中に敗戦を迎え、その後入学した関西学院大を中退。 後に上京し1957年、劇団「葦」に入団。 外国映画の吹き替えや、テレビドラマの端役で下積み�... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 08時54分

» ジャパネットたかたのネット限定コンテツ [ジャパネットたかた]
ジャパネットたかたのインターネット限定コンテツネットででしか手に入らない商品もあるかも!... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 19時37分

» ★渡る世間は鬼ばかり:岡倉大吉役、藤岡 琢也出演 [『もったいない!』さだまさし『MOTTAINAI』【もったいない! さだまさし アフィリエイト】]
発売日順になっています。『渡る世間は鬼ばかり パート1 DVD-BOX 1』ビクターエンタテインメントprice : ¥13,230release : 2005/04/22母親の誕生日プレゼントに~母親の誕生日プレゼントに購入しました。中部地区ではこのDVDと同一のシーズンが再放送されているので、目新しさには欠けますが、これでいつでも見られるわけで。画質もVHSで録画したものよりはいいでしょうし。けっこうお値段もはるので、全セットコレクションするのはきついかもしれませんが、家...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 21時37分

« 年寄り達が日本に謝罪と賠償求め集団提訴 | トップページ | ムチムチ逆ナン王女(VP2) »